賢くトラックを購入するには

賢くトラックを購入するには

トラックは専門的な仕事をするための車なので価格も高額に設定されており、
新車を購入するにはなかなか大変です。
そんなときに役立つのが中古トラックになります。
 

 

大型でなくても、軽トラックや小型のトラックを仕事で利用しているという人も多いことでしょう。
乗用車よりも燃費が良いため、毎日乗るならトラックの方が経済的です。
さらに最近では、トラック購入の際に補助金が出ることもあります。
軽油ではなくCNGガス、いわゆる都市ガスを燃料とするトラックやバスをご存知でしょうか?
CNGガスは炭素配合量が少ないため、燃料にしたとき二酸化炭素の排出を抑えられるのです。
世界中の様々な地域で採れることも、CNGガスが推進される理由といえます。
こうした次世代型トラックへの移行を政府は奨励しており、その政策の1つが補助金というわけです。
環境を考えた車として、忘れてはいけないのがハイブリットカーです。
ハイブリットトラックも、申請すれば補助金を受けられるため購入する方はぜひ利用しましょう。
中古トラックには、安い時期とそうでない時期が存在します。
それは8月の長期休暇前後です。
長い休みの前に、中古トラックを購入しようと考える人はそんなに多くありません。
ホテルやレジャー施設とは違って、中古トラック販売業は8月が閑散期なのです。
閑散期であっても売り上げが無くては経営が立ち行かなくなります。
少しでも顧客を増やしたいと考えるため、普段よりも安い値段で対応してくれるのです。
反対に、2月や3月は要注意です。

新車を扱う販売店では、この時期に決算セールを行います。
その結果、古い車は売ってしまうため中古トラック販売店には在庫が豊富になります。
すなわち、顧客の要望にも応えやすくなるのです。
顧客の期待感が車両の性質で満たされることが多くなると、値下げには簡単に応じてくれません。
中古トラックを安く買いたい場合は、2、3月は外しましょう。
販売数が乗用車を大きく下回っているトラックを購入するには、こちらも賢くならなくてはいけません。