中古トラック買取の流れと必要書類

中古トラック買取の流れと必要書類

中古トラックを売る機会なんて、そうあるわけではありません。
そのため初めて、中古トラック買取業者を利用するという人も多いでしょう。
中古トラックを買取する流れと、買取時に必要な書類について紹介したいと思います。

 

まず最初に複数の買取業者に、見積もりをしてもらいましょう。
中古トラックには、買取相場が存在せず、業者によって買取金額に大きく差が出ます。
そのため、なるべく高く売りたいという場合、複数の業者で見積もりをしてもらい、
その結果次第で選ぶといいでしょう。
ただし、ネットの見積もり金額は、確定ではありません。

 

実際にトラックの状態を見ないと、正確な見積もりは出来ません。
ただ、ネットで入力情報に嘘がなく、トラック自体も定期的なメンテナンスを行っていれば、心配する事はありません。
実際に現場で、見積もりをしてもらい、見積もり金額が上がるケースも少なくありません。
ただし、現場に来てもらう際には、対応エリアになっているのか、出張費は無料なのかどうか、確認しておきましょう。

 

現場での見積もり金額に対して、納得出来れば、そのまま契約という流れになります。
支払い方法は、その場で現金支払いする業者もあれば、振込になる業者もあります。
名義変更などの、手続きは代行してくれるのかどうか、代行の場合は料金はいくらぐらいか確認しておきましょう。

 

あと、手続きが代行の場合でも、必要書類は自分で揃えなければいけません。
必要書類は、業者によって多少異なりますが、基本は「委任状」「譲渡証明書」「自賠償保険証明書」「印鑑登録証明」
「自動車検査証」「自動車納税証明書」を用意しておきましょう。